ENTERTAINMENT
ブライズマン

プランニングからイニシアティブをとることに始まる。

一般的に「ステージ」と言えばトラディショナルな舞台を想像するが、近年は省電力・安全性・テクノロジーとの共存が定義となっている。

弊社の目指すのは「相乗効果による価値」であり、アート、音、映像等の
コンテンツは、先の「空間」を楽しむために存在している。
そして、私たちの提案の1つ1つが、その社会の向こう側にバイナルを存在させる事に責任を持ち続けている理由にもなる。

これはどちらが正しいという問題ではなく、今後、これから、地方文化主権を持つようになっていくためには、とても大切な事だと捉えている。